【あかいいと/宮坂香帆】「こんな時代あったな…」青春を思い出す王道ラブコメ!

 

あかいいと
akai-ito

剣道部のマネージャー、千紘は引退間近の受験生。
美人な見た目とは裏腹に、恋愛には奥手な千紘。
片想い中の南條に想いを告げることなく引退を迎えてしまう。腐れ縁の悪友比名瀬か、南條か…千紘の「あかいいと」はどこに繋がっているのだろうか?
続きが気になる作品。

良い意見とも悪い意見ともとられそうだが、「普通に面白い作品」だというのが主な感想。
主人公の千紘、幼馴染みの莉乃、謎の美少年南條、おバカな比名瀬、その友人桐谷…彼らが高校生活で青春するんだろうなあと、これから先に期待を持たせる序章の一巻だわ。
良い側面としては、話の大筋が「学園」「恋愛」「友情」の王道をいっているので、少女マンガが好きな人は誰でもドキドキしながら読めるかもね。
一巻は話が単調に進むが、南條の存在や莉乃の身の回りに「何かあるんだろうな」という伏線を張っているので続きが気になるように作られているわ。
悪い側面としては、「普通」なところだろうかしら。
面白いけれど、どこかで読んだことのあるような作品の寄せ集めという印象も受けるわね。園ものの少女マンガである以上仕方ないところもあるが、強烈なキャラや設定がないので「普通」という感想になってしまうのかもしれないわ。
しかしあくまでこの感想は一巻だけのもの。
今後展開が面白くなるかな?という期待は十分に出来る作品ね。
この巻は序章の意味合いも強いだろうし、王道ラブコメにひたって青春を思い出すには良い作品ね。
【あかいいと/宮坂香帆】読んで損はしない作品よ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket